授業方法・技術と実践理念−授業構造の解明のために−もくじ

訳者まえがき

序章
 1.実践編への序言
 2.本書へのガイダンス

1章 方法的行為の実践指針
 1.授業像
 (1)授業像の概念と機能
 (2)教師の観点からの授業方法
 (3)生徒の観点からの授業方法
 2.“構え”についての研究
 (1)“構え”概念
 (2)方法のレパートリー
 (3)ルーチン形成
 3.省察されたルーチン形成:解決の
   つかない課題なのか?
 4.補説:方法実践に関する生徒への
   質問票

2章 授業方法実践の現状と総括
 0.「教授学マップの4」について
 1.学校の日常における授業方法実践
 (1)人気のある方法と落ち目の方法:
    授業方法の数量的頻度について
 (2)授業方法の画一構造
 (3)生徒の生産的・非生産的な
    副次的活動
 2.方法的行為の歴史的変遷
 (1)その概観と問題設定
 (2)「ランドセルの分析」
 (3)学校における学習の新しい不透明さ
 (4)学習環境の変化
 3.学校の機能の変容

第3章 授業方法のパターン
 1.いわゆる計画的な授業進行
 (1)方法の十字路
 (2)練習課題
 2.方法的進行
 (1)導入・主要部・結び:授業の
    基本リズム
 (2)指導と習得の弁証法
 3.補遺:授業の方法的パターンと
   その実践的探求

4章 授業の導入,習得と結果の保障
 1.授業の導入
 (1)理論的機能
 (2)実践的な機能の決定
 (3)よい授業のための教授学的規準
 (4)例
 2.習得
 (1)概念,機能,規準
 (2)生徒の方法能力の構築
 (3)行為志向の授業
 3.結果の保障
 (1)概念の明確化
 (2)機能
 (3)規準
 (4)「練習」というテーマへの補説
 (5)例
 
5章 授業行為の型
 1.対話の形式
 (1)概念の解説
 (2)操作された授業対話
 (3)教授対話
 (4)生徒の対話
 (5)ディベート
 2.講義形式
 (1)教師の講義
 (2)生徒のレポート報告
 (3)物語を話して聞かせる
 3.雑報欄
 (1)学習プリントの扱い
 (2)実験
 (3)調査
 4.プロジェクト週間:たんなる
   形式のまやかしか?

6章 授業における「遊び」
 1.概念の明確化と概観
 (1)遊びの特徴
 (2)遊びと学習
 (3)概観
 2.事例
 (1)遊びの時間
 (2)立像づくり
 (3)役割遊び(ロールプレイ)
 (4)計画遊び(シミュレーション)

7章 身体言語

引用・参考文献
索引