目撃証言の心理学もくじ



1章 目撃証言の心理学とは何か
 1節 誤判は何によって起こるのか
 2節 最近の事例にみる誤判の原因
 3節 目撃証言の正確さに影響する諸要因

2章 知覚と注意
 1節 物理的要因
 2節 注意
 3節 情動と知覚
 4節 推定変数

3章 情動・ストレス
 1節 実験研究からのアプローチ

4章 符号化における社会的要因
 1節 スキーマ
 2節 予期
 3節 同調
 4節 社会的影響

5章 記憶の変容に関わる諸要因
 1節 事後の質問が果たす役割

6章 事後情報効果
 1節 記憶の歪みを調べる
 2節 複雑な出来事への事後情報効果

7章 想起とコミュニケーション
 1節 想起の順序
 2節 質問の種類
 3節 面接官のフィードバックや他の目撃者からの情報
 4節 共同想起

8章 子どもの証言
 1節 子どもの証言能力
 2節 事実と嘘の区別,宣誓の理解
 3節 過去について語る
 4節 大人と子どものコミュニケーション

9章 人物識別
 1節 人物識別の基本的問題
 2節 写真面割り
 3節 ラインナップ
 4節 確信度

10章 捜査面接法
 1節 認知面接法の前提
 2節 認知面接法の実施と評価
 3節 子どもの面接法

11章 想起の諸問題
 1節 想起の繰り返しが記憶に及ぼす影響
 2節 「偽りの記憶」の想起
 3節 想起された情報から記憶の正確さを推測する

12章 諸外国における目撃証言
 1節 イギリス
 2節 アメリカ合衆国
 3節 日本の現状
 4節 ガイドラインの基本問題

13章 目撃証言心理学の歴史と研究法
 1節 目撃証言心理学の歴史
 2節 目撃証言研究の研究法


引用・参考文献
人名索引
事項索引


 コラム1.1 誤った目撃証言の事例
 コラム1.2 目撃証言の要因の分類
 コラム2.1 不可解な目撃者
 コラム2.2 現場検証における怪―丸裸にされたカエデ
 コラム3.1 情動と記憶の関係を説明するヤーキース・
ドットソンの法則とイースターブルック仮説
 コラム4.1 シェリフの社会的規範実験
 コラム7.1 法律家言葉
 コラム8.1 子どもの証言事例
 コラム8.2 質問の意味
 コラム8.3 子どもの面接に見られる誘導や圧力
 コラム9.1 面割り写真帳のバイアス
 コラム9.2 イギリスにおけるパレードの実際
 コラム10.1 よき実践のためのメモ
 コラム10.2 子どもから話を聞くのは難しい
 コラム11.1 写真識別の繰り返し
 コラム11.2 記憶のモデル
 コラム12.1 デブリン・レポート
 コラム12.2 目撃証言とDNA鑑定
 コラム12.3 司法改革と裁判員制度
 コラム13.1 法律と心理学の国際交流事情
 コラム13.2 目撃証言の信用性を評価するフィールド実験