三つの個性もくじ

まえがき
第一部 一人ひとりの個性
 第1章 三つの個性
  第1節 子どもっぽいひと
  第2節 「引きこもる」ひと
  第3節 集い合うひと
 第2章 ひとのモデル
  第1節 二つのモチーフ
  第2節 世界からの孤立
  第3節 人間のモデル(模型)
 第3章 性差 
  第1節 性別の構成 
  第2節 男女の能力差 
  第3節 女性は「ひと」に傾く
 第4章 子ども――生きているひと
  第1節 発達による差 
  第2節 引きこもり型の予備軍 
  第3節 素質と環境 
 第5章 三つの気質   
  第1節 三つのパタン――郵便ポストへのアクセス・モデル―― 
  第2節 循環質と分裂質
  第3節 中心気質 
第二部 社会・集団の個性と個々人の個性
 第6章 経験の圧力と個性   
  第1節 個性のスリーサイズ  
  第2節 カルチャーショック問題 
  第3節 カルチャーショックの表現 
 第7章 構成によって理解する――人工知能のこと
  第1節 生き物と機械
  第2節 人工の知能
  第3節 金縛りにあったひと
 第8章 ファッションと文化
  第1節 強迫観念について
  第2節 文化後退と本能抑制
  第3節 JTウォッチング
 第9章 本理論の使用説明書
  第1節 蚊ばしら
  第2節 個性モデルの使用法
付録……心理学メモ 
<定理集> 
<理論的な補足集>  
テスト項目の例 
引用文献
あとがき
索引