ウェルビーイングの発達学もくじ

第1部
第1章 アタッチメント 
 第1節 人間関係の基礎としてのアタッチメント 
 第2節 よりよいアタッチメント関係を求めて 
第2章 情緒・欲求 
 第1節 子どもの情緒と欲求 
 第2節 大人の情緒と欲求 

第2部
第3章 レジーリエンス 
 第1節 レジーリエンスとは 
 第2節 レジーリエンスとウェルビーイング 
第4章 ストレス 
 第1節 ストレスとは 
 第2節 病気によるストレス 
第5章 心理的傷つきやすさ
 第1節 心理的傷つきやすさとは 
 第2節 人格は変えられる 
第6章 自己効力感 
 第1節 自己効力感とその情報源 
 第2節 自己効力感のもつ力 

第3部
第7章 自己主張 
 第1節 自己主張行動と発達 
 第2節 社会的スキルとしての自己主張と自己開示 
第8章 思いやり 
 第1節 現代に欠けている思いやり 
 第2節 看護における思いやり 
第9章 欲求のコントロール 
 第1節 欲求の分化・満足・規制 
 第2節 欲求の内的規制 
第10章 希望・生きがい 
 第1節 希望 
 第2節 生きがい 

第4部
第11章 無力感 
 第1節 無力感への陥没 
 第2節 無力感からの脱出 
第12章 ひきこもり 
 第1節 「ひきこもり」をつくり出す社会 
 第2節 適応・不適応を視野に 
第13章 自殺 
 第1節 自殺と生きる「意味」 
 第2節 自殺未遂者への専門家の配慮 
第14章 暴力・虐待 
 第1章 学校・家庭をめぐる暴力 
 第2節 家族の病理としての虐待 
第15章 不登校 
 第1節 不登校を考える 
 第2節 不登校からの立ち直り 
第16章 学級崩壊 
 第1節 学級崩壊の現状 
 第2節 学級崩壊からの出発 
第17章 不本意入学 
 第1節 不本意入学の考察とその防止策 
 第2節 不本意入学からの立ち直り 
第18章 いじめ 
 第1節 いじめをどうとらえるか 
 第2節 いじめにどうかかわっていくか 
第19章 ソーシャル・サポート 
 第1節 人間の発達にとって必要なソーシャル・サポート 
 第2節 互いにはたらきあう(共に育つ)ソーシャル・サポート 

第5部
第20章 多文化保育 
 第1節 外国文化圏からの子どもがいる園保育 
 第2節 一人ひとりの違いを「財産」に−多文化共生の保育を 
第21章 離婚とステップファミリー 
 第1節 離婚が子どもに与える影響 
 第2節 ステップファミリーとは 

第6部
第22章 介護,看る,看られる 
 第1節 家族内の看る,看られる 
 第2節 援助の受け手と提供者の相互関係 
第23章 老いの発見 
 第1節 老いの自覚 
 第2節 心豊かな高齢期を迎えるために 
第24章 からだとの向き合い 
 第1節 加齢にともなう各器官の生物学的変化 
 第2節 加齢によるからだの変化の認知 
第25章 心とからだの健康 
 第1節 健康の基礎 
 第2節 健康の展開 
第26章 ライフイベント・喪失 
 第1節 ライフイベント 
 第2節 喪失 

第7部
付章1 レポート作成のキーポイント 
 第1節 レポートを書く前に 
 第2節 レポートの書き方
付章2 調査・実験・観察のキーポイント 
 第1節 実証研究の科学的位置づけとプロセス 
 第2節 実験と面接 
付章3 統計資料作成上のキーポイント 
 第1節 データの特徴を把握する 
 第2節 2変数の関係を把握する 
付章4 実習・実地研究上のキーポイント 
 第1節 看護実習・保育実習でたいせつにしたいこと 
 第2節 実地学習の課題と展望

引用・参考文献
人名索引
事項索引