高齢者虐待もくじ

まえがき
第1章 高齢者虐待とは
 第1節 高齢者虐待の定義・種類
 第2節 外国における高齢者虐待
  (1)アメリカにおける高齢者虐待
  (2)カナダ・マニトバ州・ウイニペッグ市における高齢者虐待
 第3節 日本における高齢者虐待
第2章 高齢者虐待の調査で出会った事例
 第1節 事例研究で学んだこと
 第2節 事例紹介
 ・事例1:息子から母親への暴力
 ・事例2:自営業の経営不振に陥った息子が母を虐待
 ・事例3:過干渉の夫に介護され寝たきりになった妻
 ・事例4:献身的な介護を行なっていた夫の介護負担から生じた虐待
 ・事例5:加害者もまた被害者である
 ・事例6:ある老夫婦の「もうほっといてください」
第3章 在宅要介護高齢者の虐待に関する調査
 第1節 調査の背景と概要
 第2節 虐待の概況
  (1)調査者の職種と所属機関
  (2)被害老人と加害者の概況
  (3)虐待の種類
 第3節 虐待の発生要因について
  (1)被害老人側の要因
  (2)加害者側の要因
  (3)人間関係の要因
  (4)社会的要因
  (5)虐待の発生要因の組み合わせ
 第4節 虐待発生のメカニズム
 第5節 専門職が経験した虐待・放任への対応上の困難について
第4章 高齢者虐待の防止・予防対策
 第1節 調査結果からみた虐待の予防対策
  (1)介護負担の軽減
  (2)早期発見について
  (3)専門職の対応について
  (4)相談機関の設置
  (5)一般市民への啓発
  (6)他機関へのはたらきかけ
 第2節 児童分野での虐待防止活動
  (1)発見・通報
  (2)介入・分離
 第3節 高齢者虐待防止対策のあり方
  (1)高齢者虐待防止策の位置づけ
  (2)高齢者虐待防止の施策化
  (3)その他の防止対策
 第4節 事例を通しての予防対策
第5章 早期発見とチェックリスト
 第1節 早期発見するために
  (1)虐待発見のむずかしさ
  (2)虐待を早期発見するために
 第2節 高齢者虐待の早期発見のためのチェックリスト
第6章 高齢者虐待に関する意識の現状
 第1節 どのような行為が虐待とよばれるのか
  (1)なぜ調査が必要か
  (2)高齢者虐待意識の歴史的背景
  (3)欧米諸国とわが国における虐待への取り組み
 第2節 高齢者虐待の意識
  (1)どのような行為が虐待にあたるか
  (2)わが国における高齢者虐待の取り組み
 第3節 高齢者虐待に対する意識調査
  (1)調査対象と調査方法
  (2)調査の結果と考察
第7章 高齢者虐待の啓発活動の取り組みから
 第1節 公開講座の開催
  (1)公開講座のねらいと開催経過
  (2)公開講座の概要
  (3)公開講座の今後の課題
 第2節 講座参加者の意識調査
  (1)調査対象と方法
  (2)対象者の概要
  (3)高齢者虐待についての意見・考え方など
  (4)今後の課題
第8章 高齢者虐待と法律
 第1節 高齢者の人権と成年後見制度
  (1)高齢者をめぐる事例から
   ・事例1:全財産を処分してしまった父への子どもの思い
   ・事例2:虐待から解放されても
   ・事例3:大阪市ホームヘルパー訴訟
  (2)高齢者の現状と人権を守る基本的視点
  (3)高齢者の権利をどう確立するか
  (4)成年後見制度の内容
  (5)成年後見制度の問題点と改善の展望
 第2節 外国の実態
  (1)アメリカ
  (2)カナダ・マニトバ州・ウイニペッグ市の「高齢者虐待社会資源センター」における高齢者虐待対策

終章 事例提供者とのディスカッション 〜事例にかかわっての思い〜

索引
“あとがき”にかえて