心理学ジュニアライブラリ・07・女らしさ・男らしさもくじ

序章 最初に,この本の紹介。どんなことが書いてあるか,どんな人に読んでほしいか,筆者の気持ち。
   女と男,どっちが得?/女が先,男が後?/さて,クイズだよ!/スウェーデンのお父さん/さあ,いよいよ始まりだよ
1章 「女と男って何か」から始めてみよう
   そもそも女と男って何さ:女と男はどこが違うんだろう?/あなたは女? 男? どちらでもない?/女になるしくみ,男になるしくみ/女と男の区別って?/そもそも女と男って何さ――ここまでのまとめ/でも,女と男はぜんぜん違うじゃん――ところで「違う」って何?/もしかして女の中,男の中の違いのほうが大きいかな/でも,女と男はぜんぜん違うじゃん――「本当に」違う?/違うように見えるだけかも――ものをグループに分けると……/グループが違うと実際よりもかなり違って見えるらしい/日本人とスウェーデン人の身長も/中高生のつぶやき/では,ここで「セックス」と「ジェンダー」の話をしよう/言葉づかいからセックスとジェンダーを考えてみよう/赤ちゃんのお誕生祝いのリボンは何色?/女の子のおもちゃ,男の子のおもちゃ/女の子はこわがり,男の子は怒る?/社会によってつくられた性別――ここで,まとめ
2章 ここが本番 ジェンダーの話
   まず,ジェンダー・ステレオタイプのお話から/だれでもステレオタイプをもっている/ステレオタイプがあると楽なんだよね/ステレオタイプはどうやってできる――まず,家庭のことから/マンガの影響って強いような気がする/学校でもジェンダー・ステレオタイプがつくられる/ステレオタイプはどうやってできる――ここまでのまとめ/楽ならいいじゃん……?/ジェンダー・ステレオタイプは,他の人の見方を変えてしまう/心理学者さえも……/学校の先生だって……/自分のやっていることだって……/他の人をステレオタイプ通りの人間に変えてしまうことも/男の子は科学が得意なワケ/「女らしくしろ」「男らしくしろ」のルール/女は勉強しなくてもいいの?/まず質問に答えてみよう/女らしさは女にとっては大切だけど……/男であることは証明が必要らしい/でもね,日本の男もたいへんだよ/命さえ賭ける男らしさ/それは将来の仕事でも……/女ならコーヒー入れるのも仕事? 男なら残業は当然?/「女は家庭,男は仕事」の歴史/でも,私には関係ないよ――本当に関係ないのかな?
終章 最後に。私の気持ちがあなたに伝わるとうれしいなという話
   彼女が女らしいワケ,彼が男らしいワケ/女は地図が読めない!?男は話が聞けない!?/本当に脳の違いなのかなあ/そして,自分のことを考えてみよう/迷ったときのお手本――ジェンダー・ステレオタイプ/ここで,もう1度仕事の話をしてみよう/20kgの箱を運ぶ人は?/20kgは5kgを4回/女らしさと男らしさを両方身につけるって……/他の人とちょっと違うことをやってみる?/他の人とちょっと違うことを考えてみる?/そして,親や先生も……/そして,最後の最後に,感謝の言葉