おもしろ言語のラボラトリーもくじ

序章 言語研究のパースペクティブ
 話し言葉と書き言葉
 二つの言語理論
 言語の階層性
1 文字と単語の認知──認知過程のコンピュータ・シミュレーション
 文字・単語の認知と視覚系
 文字の内部表現
 文字から単語へ
 単語の内部表現
 今後の展開
2 文の理解──文字列から意味を取り出すメカニズム
 親が幼児の発話を理解できるのは、なぜ?
 文理解とは
 文理解の実験的研究
 文理解研究の今後の課題
3 連接文の理解──読みやすい文章を書くための知見を求めて
 読みやすい文章を書きたい
 単一文から連接文へ
 クラークとハヴィランドの研究から学ぶ
 イェコヴィッチらの研究から学ぶ
 文の読みやすさに関する知見を得る
 先行する文を設定してみる
 重複する語句の後文での位置を変えてみる
 重複する語句の前文での位置を変えてみる
 文章の改善に応用してみる
 読みやすい文章を書くための知見をさらに求めて
4 文章理解──私たちはどのように文章全体の意味を理解しているのか
 文章を理解するということ
 文章理解における既有知識の役割
 文章理解のモデル
 文章からの知識獲得
 文章の理解と記憶を促進する具体化情報
 文章理解研究の今後
5 筆記思考と認知──表現行為と認知の相互作用的精緻化
 洗練された書き言葉の贈り物──思考の洗練と変革
 言語を使用する社会・文化的文脈と認知能力の関係
 文章理解──読み書き課題の効果
 文章からの学習──応用できる知識の獲得
 おわりに
6 文章の要約──要約現象のおもしろさ再発見
 ワープロソフトの自動要約作成機能
 人間の要約
 要約の類型化
 「よい要約」とは
 マクロ構造の形成
 「だっておもしろかったんだもん」
 要約スキルの発達
 要約できない
 おわりに
7 会話の理解──子どもの供述と面接法
 研究の背景ときっかけ
 過去を語る
 供述の分析
 面接法の研究
8 比喩の理解──なぜわかるのか? どうして使うのか?
 比喩の種類と認知過程
 比喩の機能──なぜ比喩を使うのか
 比喩研究の今後の課題
9 語彙の獲得──子どもの爆発的な語彙獲得の秘密を探る
 ヒトの言語獲得の不思議──膨大な語彙
 伝達をめぐる大問題
 制約──言葉の意味についての信念
 制約をめぐる議論(1)──制約なんていらない!?
 制約をめぐる議論(2)──制約は生まれつきか?
 これからの課題──子どもの多様な語彙獲得をどう説明するのか?
10 第二言語の習得──第二言語の認知過程をのぞいてみよう
 日本語が顔を出したり出さなかったり
 L1とL2の記憶表象システム
 L2を対象とした認知心理学研究の歴史
 記憶表象モデルと言語処理モデルの未来
 L2の未知単語を上手に覚える方法
 日本語漢字の学習方法
 L2は音声言語だけではない
 L1とL2でイメージが異なったり同じだったり
あとがき──(その2)