心とは何かもくじ

イントロダクション

第1部 心は脳かコンピュータかそれとも……シンポジウム記録より

1-1 企画者の趣旨:心はコンピュータ? 脳? それとも心?
 1.心はコンピュータである
 2.心は脳である
 3.心は心である
1-2 心機能場の実現に向けて─心に迫る情報科学─
 1.はじめに
 2.ニューラルネットワークの研究
 3.心機能場の研究
 4.終わりに
1-3 心に迫る脳生理学
 1.呼吸と心
 2.座禅の呼吸
 3.座禅のセロトニン仮説
 4.「天気」とサイエンス
1-4 L(brain=mind)・M(brain=computer)─相互モデル論の提案─
 1.予備考察─モデル的意味論について─
 2.脳と心の関係をめぐる3つの立場
 3.脳機能の同一性
 4.心,「脳」とコンピュータ(機械)の関係
1-5 クオリアと因果的物語論
 1.心脳問題とクオリア
 2.認識におけるマッハの原理と相互作用同時性
 3.人生という物語に埋め込まれたクオリア
 4.因果的物語論への道筋
 5.「一回性の普遍性」の把握を目指して
1-6 指定討論:哲学者のみる,心・脳・コンピュータ

間奏曲 対談:ツーソン会議と東京'99
 0.はじめに
 1.ツーソン会議篇
 2.東京'99篇
 3.終わりに─日本における意識科学の可能性─

第2部 研究会(「心の科学の基礎論」研究会)討論の記録

2-1 人工知能と心理学
 1.心はコンピュータ─心は記号を計算する機械である─
 2.記号的人工知能の限界
 3.対論
2-2 心の科学─物理学からのアプローチ─
 1.物理学からの人工知能批判
 2.ペンローズの意識論
 3.ペンローズへの批判
 4.心の科学に物理学がもたらすもの
2-3 進化論と心理学
 1.進化心理学と人類学
 2.生理学的心理学の歴史
2-4 エスノメソドロジーと心理学
 1.心的イメージはどのくらい「心的」か
 2.心の科学のリミックス─因果・体験・解釈の基準─
2-5 ウィトゲンシュタインと心理学
 1.ウィトゲンシュタインの『色彩論』
 2.心・他者・言語ゲーム─非対称なものの知をめぐって─

文献
あとがき