レッジョ・エミリア保育実践入門もくじ

まえがき
訳者まえがき

第T部 レッジョ・エミリア保育の概要

1章 レッジョ・エミリア保育の歴史と機構
 ◆起源
 ◆市によって維持される幼児学校の設立
 ◆他の地域におけるプログラムの発展と影響:1980年代および1990年代前半
 ◆レッジョ・エミリア・アプローチとアメリカの出合い
 ◆0〜6歳までの子どものためにつくられたプログラムの組織と構造
 ◆結語
2章 レッジョ・エミリア・アプローチの基礎
 ◆レッジョ・エミリアにおける保育の目的
 ◆レッジョ・エミリア・アプローチの基本原理
 ◆結語
3章 展示会からのレッスン─ひとりの芸術専門家の考察
 ◆わかりにくいメッセージ:レッジョ・エミリア・アプローチについての一般的な誤解
 ◆展示会が明らかにしないこと
 ◆メッセージの発見:すべての保育者と芸術専門家のために
 ◆永続的レッスン
4章 アメリカの保育がレッジョ・エミリアから学んだもの─子どものとらえ方,指導計画
 ◆アプローチにおける類似点
 ◆子どもたちのまわりの人々の姿勢
 ◆創造性に関する姿勢
 ◆教え方における姿勢
 ◆いくつかの追加的比較

第U部 レッジョ・エミリア・アプローチの基礎の考え方の適用

5章 レッジョ・エミリアから1年間で学んだもの─3つの基礎概念
 ◆認識への道:基礎概念を習得するまで
 ◆3つの基礎概念
 ◆ヴィネッカに戻ってきてから
 ◆結語
6章 共同としての教育─デューイ,ヴィゴツキー,ピアジェから学んだこと,その発展
 ◆共同性とは何か
 ◆共同性を通した教育の哲学的基礎
 ◆結語
7章 子どもたちとの会話とその分析
 ◆子どもたちとの会話
 ◆障壁
 ◆適切な会話の促進
 ◆エマージェント・カリキュラムを計画するための会話の分析
 ◆葉についての会話
 ◆結語

第V部 アメリカにおけるレッジョ・エミリア保育の実践

8章 レッジョ・エミリア保育の挑戦─アメリカの保育に問われるもの
 ◆新方式の適用と採用に関する問題
 ◆変化をもたらすこと
 ◆現在の到達地点とこれからなすべきこと
9章 レッジョ・エミリア保育研究の取り組み─ある保育者の挑戦
 ◆経歴
 ◆ある保育者の日誌:水のプロジェクト
 ◆説明と記録文書:保育者としての新しい広がり
 ◆反省
10章 公立幼稚園の変革の過程─いくつかのプロジェクトの実践から
 ◆シェリルの物語
 ◆ジャニスの物語

第W部 改革をもたらすために:保育者養成への提言

11章 観察・記録・理解─記録文書の役割
 ◆記録することに焦点を当てる:意味のある調和
 ◆共同の必要性はすぐに起こる
 ◆物語を追うための道路地図
 ◆記録のとり方
 ◆展示に欠かせない要素:はっきりとしたガイドラインへの発展
 ◆最終の考察
12章 保育者養成の再定義─エスノグラファーとしての保育実習生
 ◆エスノグラファーとしての保育者
 ◆改訂された保育方法の初級コースの概要
 ◆オリエンテーションの段階
 ◆実習の段階
 ◆解釈の段階
 ◆結語

第X部 これからの方向性

13章 新しい子どものイメージをみつめて
 ◆唱道についての過去と現在の考え
 ◆レッジョ・エミリア流のリーダーシップと唱道活動
 ◆アメリカで切望される乳幼児のための唱道者
 ◆結語:子ども,学校,社会の新しいイメージ
14章 どうしてレッジョ・エミリア保育なのか
 ◆「そうね,でも」について考える
 ◆「たらなあ」とのつきあい方
 ◆励ましのことば

訳者あとがき