オープニングアップもくじ

日本語版によせて
まえがき
監訳者まえがき
1 告白と抑制:あるアプローチのはじまり
2 抑制は健康をおびやかす
 幼少期のトラウマティックな性体験
 成人期のトラウマ──配偶者の死
3 筆記するといっそう健康になる
 話すことがカタルシスと洞察に果たす役割
 筆記は病気を予防する
 免疫系を探究する──トラウマについて筆記することは予想以上に有益だ
 書くことがもたらす健康以外の効果──筆記と就職
4 実験室における告白
 解放経験
 抑制の生理学──心臓は高鳴り、手は汗ばむ
 告白に対する身体反応
 告白が脳に与える影響、告白するときに脳で生じていること
 告白における実験室の役割
5 考えを抑え込むこととの闘い
 望ましくない考えにとらわれる
 健康な思考様式と不健康な思考様式
 くだらないことに専念して苦痛を避ける
 日が暮れてから──不眠症とその治療
6 対処を速めるには
 悲嘆と対処の自然な進行
 人生の変化に強力に対処する
 ホロコーストに対処する
 対処が促進される場合とされない場合
7 筆記の価値を理解する
 完了欲求と意味を探す欲求
 ことばの役割
 自己表現の衝動
 物語を構築するためにことばを使う
8 告白の社会的価値:誰に話すのか、どんなふうに聞くのか
 トラウマを共有した結果生じる夫婦関係の問題
 人に語る──ソーシャル・サポートの恩恵と危険性
 最良の聞き手を選ぶ
 他人のトラウマを聞くことは負担になる
9 愛情と情熱、そしてスリル
 禁じられた喜び──セックスと愛、そして情熱
 家族力動の症状としてのポルノグラフィ
 情熱愛への対処
 愛と悲嘆の時間的仮説
10 抑制パーソナリティ
 パーソナリティ様式としての抑制
 抑制パーソナリティと疾病
 人を環境に調和させる
 健康を増進するためにパーソナリティと環境を変える
11 抑制のかかった都市
 火山噴火については話さない
 災害の社会的段階──ロマ・プリータ地震とペルシャ湾岸戦争
 共同体の恥──ダラスとケネディ大統領暗殺の事例
12 文脈のなかでの告白:心理療法、宗教、そして洗脳
 告白衝動のはけ口
 告白の文脈の分析
 文脈に組み込まれた個人の価値観
 筆記の背後にある暗黙の価値観
13 トラウマ以外に対する効用:筆記とウェルビーイング
 教育ツールとしての筆記
 筆記は学習と創造性を促進する
 日記は日誌
 筆記のマイナス面
理解を深めるために
引用文献