ウソ発見もくじ

T部 人間のウソとウソ発見

第1章 ウソ発見小史とウソの心理学
 1節 現代ウソ論考
 2節 ウソという言葉─言語的側面へのアプローチ─
 3節 ウソと子ども─発達心理学的アプローチ─
 4節 対人関係の中のウソ
 5節 科学捜査におけるウソ発見の始まり
第2章 犯罪捜査での「ウソ発見」〜日本のポリグラフ検査〜
 1節 ポリグラフ検査の日本への導入
 2節 多様なウソ発見の質問方法
 3節 測定する生理指標
 4節 実際の検査例
 5節 公判廷での証拠能力
 6節 日本と諸外国との比較

U部 犯人の記憶を探るウソ発見

第3章 虚偽検出(ウソ発見)の理論的問題
 1節 返答の作用
 2節 ドキドキしていると犯人と間違われないか?
 3節 虚偽検出検査と被験者要因
 4節 ウソ発見の原理とモデル
第4章 コンピュータがもたらす新たな展開
 1節 コンピュータによる計測技術
 2節 多変量解析による自動判定
 3節 究極の鑑定登場!?─脳波によるウソ発見─
第5章 関連分野からの期待と提言
 1節 ウソ発見から記憶研究への広がり
 2節 記憶と確信─質問作成のためのヒント
 3節 法学者からみたポリグラフ検査
 4節 生理心理学の立場からみた虚偽検出─これまで,今,そしてこれから─
終章 ウソ発見の現状と未来

文献