形成期の痴呆老人ケアもくじ

まえがき
序章 痴呆老人問題をどうとらえるか──社会学の視点から─
 1.痴呆老人問題のこれまでのとらえ方  
 2.痴呆症とともに生きる実践のはじまり
 3.痴呆症とは何なのかという問い直しの必要
 4.痴呆症による障害の構造的把握とケアの方向性
 5.まとめにかえて─研究の方法─
1章 痴呆症の社会的イメージ─小説の分析を通して─
 1.作品の背景
 2.家族関係の視点から
 3.痴呆はどう表現されているか
 4.痴呆患者の心理
 5.おわりに
2章 痴呆老人介護模索期の在宅介護の実態─ある在宅痴呆老人の介護記録から─
 1.主な経過
 2.介護の経過─介護記録からわかること─
 3.社会資源の利用
 4.受容のプロセスとコミュニケーション
3章 ある特別養護老人ホームの痴呆棟での経験
 1.障害のあらわれと対応
 2.他者とのかかわり
 3.老人の生活歴を知って対応する
 4.少ない施設職員で対応に追われる
 5.徘徊用の回廊
 6.共感のとりにくいケース
 7.いろいろな他者関係にあらわれる姿
 8.福祉の現場に携わって
4章 痴呆老人との出会いと介護の模索
 1.好きなだけ徘徊してもらう
 2.お年寄りとの関係で充実感が少なかった
 3.「虹の家」で老人の心に目を向けることを痛感
 4.お年寄りと家族・地域との関係が深く引き裂かれる
 5.痴呆老人の豊かな表情やことばを家族に伝える
 6.痴呆症のお年寄りと向きあって,困惑する中から身につけた知識が財産
 7.痴呆老人の表情や態度などから思いを読みとる感性と伝統文化
5章 痴呆老人対策の経緯について
 1.痴呆老人対策のスタート
 2.地方自治体の痴呆老人対策への取り組み
 3.本格的に始動した国の痴呆老人対策
 4.ゴールドプランの策定と痴呆老人対策
 ◆痴呆老人対策の経過◆
6章 住民が手探りでつくりあげた痴呆老人のやすらぎの場
 1.電話相談から託老所開設へ
 2.涙の大合唱
 3.みんなすばらしい個性をもっている
 4.一日一日といろいろなドラマが演じられる
 5.ボランティア・市民に支えられて10年
7章 毎日型託老所「わすれな草」誕生の背景とその特徴
 1.託老所「わすれな草」の概要
 2.痴呆老人施策が無策な中でできることから始める
 3.毎日型託老所へ踏み出す
 4.「託老所」の形態に踏み出した背景にある医療の限界
 5.受託者のプロフィール
 6.ボランティアの3つの意義
8章 「わすれな草」11年の歩み─Nさんの介護を通して─
 1.「わすれな草」の利用者 
 2.発病から現在までの経過
 3.妻の日記に綴られた家庭と託老所でのようす
 4.託老所でのようすを伝える連絡日誌に綴られた本人のようす
 5.まとめ
9章 痴呆老人のつぶやき
 1.痴呆老人が自分を語る
 2.「今」を生きる場所づくり
 3.ひとりだけどひとりじゃない
10章 「小山のおうち」のデイケアのようす
11章 「小山のおうち」訪問の記録
 1.高橋院長と石橋婦長へのインタビュー
 2.デイケアの一日(3月19日)
 3.「小山のおうち」の実践が提起していること
 補遺 NHKで紹介された「小山のおうち」の実践
12章 コミュニケーションの再建─「小山のおうち」の実践から─
13章 痴呆老人ケアの思想と技法─「小山のおうち」の場合─
 1.デイケアの実践構造
 2.一日の生活をサイコドラマの舞台にする
 3. 主役体験と観客体験
 4. ディレクターとスタッフの役割
 5. リアリティーオリエンテーション
 6. 記憶障害と「ケアの要点」
 7. 集団精神療法の効果
 8.痴呆老人のつぶやき
 9.痴呆老人が座談会で思いを語る
 10.家族や地域へのはたらきかけ
 11.日常生活や環境面での配慮
14章 痴呆老人に対する入院集団精神療法の実践
 1.痴呆老人に対する入院治療への精神療法の導入
 2.実例紹介
 3.痴呆老人に対する入院集団精神療法
 4.おわりに
15章 痴呆症による障害と看護
 1.「ケア 」care と看護
 2.痴呆老人の看護
 3.痴呆老人のデイケアと看護職
 4.おわりに
終章 痴呆老人の心と精神医療への反省
 1.みえてきた痴呆老人の心の世界
 2.外来診療のスタイルの変化
 3.現代の痴呆観と「痴呆恐怖」
 4.痴呆老人の不安と不適応状態
 5.痴呆老人に対する精神医療
 6.痴呆老人とのかかわりと展開 
 7.悠々たりぼけ人生 ─痴呆老人の死から思う─
 8.新たな経験と社会づくり
まとめ