リーダーシップの統合理論もくじ

日本語版への序

第1章 組織におけるリーダーシップの機能
 1.本書の性質
 2.組織の機能
 3.リーダーシップの組織的機能
 4.効果的リーダーシップの文化的展望
 5.要約
第2章 初期のリーダーシップ研究
 1.理想的リーダーシップの通念
 2.初期リーダーシップ研究
 3.結論
 4.統合モデルの概観
第3章 条件即応モデルとその後
 1.リーダーシップ研究への新アプローチ
 2.リーダーシップ効果性の条件即応モデル
 3.認知的資源理論
 4.適合,ストレス,そして信頼
 5.要約と結論
第4章 その他の条件即応理論
 1.リーダーシップの通路─目標理論
 2.意思決定への条件即応的接近法
 3.さらなる条件即応理論
 4.条件即応諸理論の構成概念および予測の統合と調整
 5.結論
第5章 交流理論と交換理論
 1.社会心理学における交換理論
 2.交流的リーダーシップ理論
 3.影響過程と動機づけ,統制
 4.結論
第6章 変革的リーダーシップ
 1.カリスマの概念
 2.変革的リーダーシップの拡大的視点
 3.倫理的考察
 4.結論
第7章 認知的アプローチ
 1.リーダーによる部下の認知
 2.リーダーの認知
 3.認知的構造主義者のアプローチが示すもの
 4.結論
第8章 リーダーシップ過程における文化の影響
 1.文化と価値観
 2.文化的価値観からリーダーシップ理論へ
 3.文化的視点をもったリーダーシップ理論
 4.文化的文脈における条件即応理論
 5.結論
第9章 女性とリーダーシップ
 1.性差に関する概念的アプローチ
 2.リーダーシップの性差:その認識と現実
 3.女性のリーダーシップにおける構造的効果
 4.女性のリーダーシップに対する社会的カテゴリー・アプローチ
 5.少数派リーダーについての簡単なコメント
 6.結論
 7.統合に向けて
第10章 機能と過程の統合
 1.効果的なリーダーシップの機能的側面
 2.リーダーシップの機能についての結論
 3.リーダーシップ過程に関する統合理論
 4.理論と研究への提言
 5.要約と最終的結論
引用文献
邦訳文献一覧
人名索引
事項索引
訳編者あとがき