一人ひとりを愛する保育もくじ

はじめに
T 保育の方法
 ゆったりとおおらかに「見守る」
 「ナニ!」と「なぁに?」
 「たった一言」でも大切な「一言」
 世界でたったひとつしかないもの
 「ガンバレ!」よりも「がんばったね」
 初恋の人のように
 跳び箱の場面より
 してはならない態度
 過保護
 大人として行なうべき活動とは
 子どもに届く言葉かけ
 折り紙で共に学ぶ
 考えを押しつけない保育
 よく見ること
 脱ぎっぱなしの靴
U 保育計画・指導計画──年間計画・月案・ねらい・内容・環境構成・予想される活動・援助
 「保育計画」と指導案の「ねらい」
 年間指導計画の利用
 月案を立案する
 気候や地域の実情を考慮する
 「援助・留意点」の記入のしかた
 環境の構成
 机や椅子の配置を考える
 環境構成の人的環境について
 楽しく食べる環境をつくる
 温もりのある空間を
 暗闇の中の不安
 あふれすぎず、充分に
 環境の再構成
 おもしろい、でも安全な物を
 主体性を大切にする保育
 予想することの大切さ
 「予想される子どもの活動」への記入
 予想される行動の欄への記入のしかた
 援助について
 「充分に聴く」態度
 「受け入れる」こと
 言葉かけと援助
 一人ひとりに合わせた働きかけを
 個人差、状況をとらえた保育を
 「上手に」させるから「イメージ豊か」な保育を
 歌う喜び、楽しさを味わえる保育に
 人前で踊る時
 子どものサインを受け止める
 食事を楽しくさせる援助
 小動物との触れ合い
 タイミングよく「内容」も押さえた援助を
V 障害児の保育計画と方法
 障害児保育での保育計画
 障害児の養護の計画
 障害児保育の「内容」の記入
 障害に合わせた環境構成
 障害児の「予想される活動」
 障害児への援助
 必要な時、必要な「働きかけ」を
 まず「受け入れ」から
 障害児の成長を援助する触れ合い
W 記録と評価
 保育を終えた時に
 保育の記録をする時に
 「何を大切にしたか」の記録を
 具体的な記述を残す
 一人ひとりを大切にした保育だったかの評価を
 子どもへの働きかけを記録する
 子どもの発達をとらえた記録を
 誕生会をどう記録するか
 運動会の評価の記録