通史 日本の心理学もくじ

はじめに

T部 欧米の心理学の導入と受容

1章 日本の心理学:前史
 1節 心理学の前史の意味
 2節 心という概念 心についての学問
 3節 心理学的な考え方の輸入の経緯
 4節 心理学受容期以前の格闘
2章 「心理学」と‘psychology’
 1節 ‘psychology’=心理学 成立経緯の概略
 2節 西周と「心理学」
 3節 翻訳書にみられる「心理学」
 4節 科目名としての「心理学」
 5節 ‘psychology’=心理学の定着
3章 教育制度と心理学
 1節 帝国大学における心理学
 2節 高等師範学校における心理学
 3節 私立学校における心理学
 4節 教育制度の変遷と心理学の定着
4章 心理学研究の自立:学会・留学・実験
 1節 明治期の学界における心理学
 2節 元良勇次郎
 3節 松本亦太郎
 4節 明治期における心理学関連留学の実際
 5節 心理学実験室の開設
 6節 心理学黎明期の諸特徴

U部 心理学研究の自立と展開

1章 心霊主義,生命主義と心理学
 1節 心霊主義(スピリチュアリズム)
 2節 井上円了の活動
 3節 時代思潮と無産者心理学
 4節 心理学と優生学との邂逅
 5節 生命主義と心理学
2章 心理学規範の明確化
 1節 福来友吉の心理学研究
 2節 千里眼研究
 3節 東京帝大文科大学休職
 4節 後年の福来
 5節 事件の波紋
3章 心理学通俗講話と専門誌の創刊
 1節 心理学通俗講話会の設立
 2節 『心理研究』創刊
 3節 『日本心理学雑誌』創刊
4章 実際的研究の機運:現場と心理学
 1節 知能検査と性格検査
 2節 産業能率と適性検査
 3節 変態(異常・犯罪)の心理学的研究
 4節 森田療法
 5節 精神分析学への注目
 6節 現場と心理学 その光と影
5章 研究室の開設と研究の国際化
 1節 旧制高等学校における心理学研究
 2節 大学における心理学研究室の開設と専門教育の拡大
 3節 ヴント文庫とシュトゥンプ文庫
 4節 大正期の海外留学

V部 戦時期の心理学──変容と混乱

1章 日本心理学会の設立と国際交流の本格化
 1節 日本心理学会の設立
 2節 諸学会の設立と紀要の創刊
 3節 国際交流の進展
 4節 昭和初頭におけるアカデミズムの確立
2章 心理学の教育・社会への影響
 1節 「個性」研究から調査および錬成心理学へ
 2節 集団式検査の各方面での適用
 3節 血液型気質相関説とその論争
 4節 科学的ツールとしての心理学的検査
3章 戦争と心理学
 1節 戦争と応用心理学
 2節 軍関係機関における心理学
 3節 戦時期のアカデミズム
4章 マスメディアと心理学
 1節 新聞記事にみる心理学
 2節 ラジオ放送にみる心理学
 3節 時局とメディアと心理学

W部 現代の心理学──量的拡大と専門分化

1章 戦後学術体制の再興
 1節 第2次世界大戦の終結と心理学者
 2節 占領軍・占領政策と心理学
 3節 心理学会の再開
 4節 民主主義科学者協会と心理学
 5節 学術体制の復興
2章 新制大学の設置と量的拡大の基盤
 1節 新制大学の設置と心理学研究室の開設
 2節 ガリオア/フルブライト留学
 3節 心理学研究室の充実と心理学担当者の増大
 4節 心理学者の量的拡大と心理学の国際化
3章 単科学会の設立と専門分化
 1節 学会活動の再開と単科学会の誕生
 2節 学会発表からみた研究内容の変遷
 3節 専門分化と研究活動
4章 第20回国際心理学会議
 1節 開催へいたる途
 2節 プログラム
 3節 新聞報道にみる「国際心理学会議」
 4節 日本の心理学にとっての国際会議
5章 心理学界の現状
 1節 第20回国際心理学会議後の学界細分化
 2節 関心領域の拡大と心理学のエスノの志向
 3節 心理学に関する資格と進路
 4節 心理学の現状と未来

X部 方法論と評価システムからみた心理学

1章 研究法の変遷
 1節 心理学の方法
 2節 研究対象の属性と標本数の推移
 3節 日本における統計の導入
 4節 日本の心理学における統計手法の変遷
 5節 統計手法の功罪
2章 研究費・研究費補助金
 1節 研究活動と研究費
 2節 戦前の補助金
 3節 文部省科学研究費補助金
3章 評価と褒賞
 1節 学術誌査読システム
 2節 引用分析
 3節 賞
 4節 冠名現象
 5節 日本の心理学における評価システムと研究活動
4章 ポップとアカデミック
 1節 カウンターパートとしてのポップ心理学
 2節 アカデミック心理学の展開
 3節 ズレからみた心理学のポップとアカデミック
5章 日本の心理学史研究
 1節 心理学史書
 2節 資料の保存
 3節 心理学史と心理学

付録─1 日本心理学年表
付録─2 人脈・人事関係についてのデータ
付録─3 日本における主な心理学関係雑誌
付録─4 テスト問題から見た心理学
付録─5 日本心理学会歴代理事長・『心理学研究』編集担当常任理事

人名索引
事項索引
あとがき