不思議現象もくじ

序章 なぜ不思議現象なのか
 1 「不思議現象」と教育
 2 教育問題としての「不思議現象」
 3 心理学の問題としての「不思議現象」──本書のこだわり
 4 本書の構成

PARTT

一章 高校生が不思議現象を信じる理由
 1 「ぼくの地球を守って」をめぐって
 2 高校生から見た不思議現象の構造
 3 高校生が不思議現象を信じる度合
 4 不思議現象を信じる高校生の特徴
 5 不思議現象を信じる気持ちの背景
 6 まとめ
二章 血液型性格判断ブーム:その問題点と歴史的展開
 1 血液型の光と影
 2 血液型のトリック、血液型のデメリット
 3 知ってるつもり?! 「血液型と性格」
 4 おわりに
三章 性格にこだわる心
 1 性格はそんなに重要?
 2 なぜ性格にこだわるか
 3 性格にこだわることの問題点
 4 性格にこだわらずに人を見よう

PARTU

四章 「もしかして……」と揺れ動く心の発達
 1 「不思議な世界」を想像すること
 2 幼児は「不思議な世界」をどう見ているのか
 3 考えることには心の揺れ動きが伴う
 4 大人だってワクワクしたい
五章 不思議現象に立ち向かう子どもたち
 1 はじめに
 2 発達理論のエアポケット
 3 こっくりさんの三角形
 4 魅惑の世界
六章 しつけことばの受けとめ方
 1 俗信の機能と問題点
 2 俗信型しつけ言葉の実態
 3 真偽の確認と効用関数
 4 しつけ言葉の効果と問題点
七章 不思議現象からみた科学・理科教育
 1 はじめに──不思議現象に対する筆者のスタンス
 2 不思議現象のどこが問題なのか──科学という営み
 3 科学と不思議現象の複雑な関係──社会における科学
 4 理科教育はどうすればよいのか

PARTV

八章 不思議現象と精神科臨床
 1 はじめに
 2 不思議現象と精神疾患は区別できるか
 3 不思議現象は精神疾患を誘発するか
 4 不思議現象によって精神疾患は治癒するか
九章 体験と信じる心
 1 「直接体験する」ことの力
 2 人間は合理的に体験を解釈するのか
 3 回帰の誤認識実験に見られる私たちの信念の形成
 4 体験することと思考すること
終章 不思議現象 何が問題なのか
 1 各章をふり返って
 2 新聞に見る血液型性格判断
 3 読者への挑戦? 読者からの挑戦?
 4 心理学には何ができるのか?