授業が変わるもくじ

日本の読者のみなさまへ
謝辞
第1章 学習の科学:認知科学を教育実践に応用する
 もはや大部分の生徒ができることでは十分ではない
 新しい期待
 心の科学:MIT大会
 認知革命が一つの学問分野になる
 認知的停滞と高次の技能
 なぜかを知ること
第2章 認知科学:課題と行動と表象を分析する
 天秤問題
 人間コンピュータとその働き
 シンボルの処理と貯蔵:人間の記憶構造
 問題と表象
 課題分析
 天秤問題の分析
 子どもの知識状態を探る
 熟達者と反応時間研究
 天秤問題と学習
 プロトコル分析,符号化,表象
 ルールVからルールWへ
 認知研究と効果的教授法
第3章 学習の転移とメタ認知:「知的な初心者」を育てる
 転移
 形式陶冶と強靱な知性
 要素,プロダクション,転移
 一般的な方法と知的な行動
 熟達者の領域固有の知識
 学校での弱い方法
 メタ認知
 メタ認知と知的な初心者
 最後の要素:一般的な技能の再考
 新統合理論と高次な技能の教授
第4章 算数・数学教育:意味を理解させる
 就学前児と数
 心的数直線:算数のレディネスの本質
 レディネス教具
 何ができるのかを知る:2桁以上の計算の学習
 バグのある計算
 概念を手続きに結合させる
 バグの状況
 文章題:ミドルスクールの数学におけるブラックホール
 ジャスパー・ウッドベリの冒険:思考への招待
 ジャスパーの理論的基礎:表象と不活性な知識
 理論からジャスパーのプロトタイプへ
 ジャスパーのデビュー
 ジャスパー実行ネットワーク
 GPチュータ:世に知られていない傑作
 幾何学の悲しむべき現状
 熟達者モデル
 チュータ
 インターフェース
 教室でのGPチュータ
 実践のための理論から理論へ
第5章 理科教育:ブラックボックスの内部を探る
 ブラックボックスの内部
 誤概念と認知発達
 理科教育の出発点
 物理学における熟達者と初心者
 シンカー・ツール:ミドルスクールでの物理
 シンカー・ツールの設計
 教授の理論:小世界の使用
 学校におけるシンカー・ツール
 認知の観点から見た高校の物理
 ファセット
 基準授業:今のあなたの考えは?
 馬鹿だと思わないで!
 それはうまくいくのだろうか? なぜ?
 理解のための授業
第6章 読みの指導:大きな構図を見る
 熟練した読解の認知モデル
 読みの循環過程
 認知モデルと読み指導
 理由を説明する
 単語の再認:正確さと速さ
 自動化と大論争
 言語的知識の向上:豊かな語彙教授法
 読みを学ぶことにおける背景知識
 学ぶための読みにおける背景知識
 大きな構図:相互教授法,メタ認知,読み
 実践へ
第7章 作文教育:知識の陳述から知識の変換へ
 文章を書く:不良構造化問題を解く
 情報処理過程の研究:書くことの認知モデル
 プランニングとその下位過程
 書くことの熟達者,初心者,そして生徒
 認知過程から認知修辞学へ
 構成的プランニング:修辞学的表象を築く
 知識の陳述と知識の変換
 再びターニャ
 学校文化における作文
 協力的プランニング:思考を目に見えるようにする
 ヒューロンストリート校でのCSILE
第8章 教育評価:指導と評価を一体化する
 認知とテスト:相関から原因へ
 テストに関する伝統的理論
 学習評価についての認知理論
 知能と評価:IQを越えて
 動的な評価:出来の悪い生徒を援助する
 動機づけ:伸びる生徒と伸びない生徒
 動機づけと教室活動
 教師の認知:ナンシーは何を知っているのか?
 あるべきものが欠けている研究
 教えることと知識の変換
第9章 教育改革:教育問題についての表象を考える
 教室の中での学習の科学
 研究についての表象
 不良構造化問題の解決
 なぜかを知ること
注釈
引用文献
事項索引
人名索引
監訳者あとがき