認知心理学者 教育評価を語るもくじ

序文

第一部 知識獲得と評価

1 知識の獲得過程の様相とその評価方法の検討
 知識獲得の新しい視点
 物語理解の評価モデルを考える
 理解構造の変換可能性
2 知識獲得をすすめる三つの評価場面─相互作用のなかでの知識獲得過程とその評価方法─ 
 「〜じゃないんですか」……「課題」から「問い」へ《拡散的参加の姿》
 「〜すればいい」……「問い」から「問題」へ《集約的参加の姿》
 「〜はどうなんですか」……「問題」から「問題」へ《発展的参加の姿》
 「〜さんのがよくわかる」……相互作用を経た知識獲得過程とその意義
 「〜さんどういうこと?」「〜君何が?」……評価から始まる授業
3 知識獲得のための教授介入とその評価
 小学校教師になったN君への返信
 授業の構成について
 目標選定の視点
 授業構成上の原則を立てておくこと
 関心・意欲・態度と授業、そしてその評価
4 手続き的知識の獲得過程の評価─知識タイプによる評価の違い─
 調理実習で包丁が使えるようになる─新たな知識の獲得
 A君の学習から知識獲得の評価を考える
 手続き的知識の評価に向けて

第二部 思考力と評価

1 思考力:育てることと評価すること
 思考力とは
 問題解決とは
 5つの要素
2 批判的思考力の育成と評価
 1.思考研究と批判的思考
 2.批判的思考はどう教育されてきたか
 3.批判的思考力を育てるには(その1)……論文を批評する
 4.批判的思考力を育てるには(その2)……討論を経験して検討する
 5.評価はどうするのか
3 わからないという思考
 考えられない子どもたちに
 思考には時間が必要
 探求のリアリティ
 内面との対話
 あいまいさとのつき合い
 思考力をつちかう教育評価
 わからないことはおもしろい
4 考えることの評価と教育実践
 教育評価に関する「大いなる誤解」
 思考力が育つ前提
 考える場を創造するために─問いへの教育

第三部 理解力・表現力と評価

1 理解と評価─情報処理的アプローチによって見えてくるもの─
 情報処理過程としての人間の知的行動─筆算を例として
 「概念」バグ
 洞察
 ハノイの塔
 理解にいたる過程
 教えることと情報処理的アプローチ
 幼児の読書
 読みに困難をかかえる子ども
 情報処理的アプローチと教育評価
2 社会文化的アプローチからみた理解と表現の評価
 社会文化的アプローチと評価
 理解の批判教育学
 表現の環境のデザイン
3 電子メディア時代の理解と表現を探る
 メディア技術の発展と表現時代の到来
 パソコン通信上での文章理解
 理解のレベルと測定の観点
 映像による理解と測定の電子メディア化
 電子メディアで得られるもの失うもの
4 理解・表現に子どもの発達をみとる評価
 “できる”“がんばろう”“もう少し”
 “いかに”をとらえる評価と“なぜ”をとらえる評価
 つながりの中での評価

第四部 学習意欲と評価

1 学習意欲の評価
 教育評価の必要条件
 新学習指導要領
 理想と現実のあいだで
 試される教育学者
 教育場面での評価
2 「みとり」─子どもへのまなざしとしての評価─
 「つける」こと、「みとる」こと
 手ぶら、無制限一本勝負の教育評価
 事実主義の評価論とその実際
 システムがアートを育てる
3 意欲を評価するということ
 子どもの学ぶ意欲
 「新しい学力観」と「関心・意欲・態度」の評価
 「意欲を評価するということ」という原稿を書こうとする意欲
 意欲の特質@意欲は関係的である
 意欲の特質A意欲は身体的である
 意欲の特質B意欲は実存的である
 おわりに
4 評価活動が学習意欲に及ぼす影響
 はじめに
 意欲に及ぼす期待の効果
 期待のメッセージを内面化した意欲
 評価と「いい子アイデンティティ」の形成
 まとめ:人間関係の中ではたらく評価活動と学習意欲

第五部 自己形成と評価

1 評価することのコワサと自己形成
 1.序列化へ帰結するゆえの評価のコワサと自己形成
 2.評価の相互性によるコワサと教師の自己形成
 3.評価の仕方の模倣のコワサと自己形成
 4.オモテの評価とウラの評価と自己形成
2 未来展望と自己形成
 「過去」への思い、「未来」への思い
 子どもにとっての未来、大人にとっての未来
 子どもの頃の夢、現在の夢
 子どもの願いごと、大人の願いごと
 将来の自分、現在の自分
3 ライフサイクルから見たアイデンティティ形成力と自己評価─なりたい自分を見つけること、なりたい自分になること─
 1.自己教育力とアイデンティティ形成力
 2.ライフサイクルにおける「本当の自分探し」
 3.中年期のアイデンティティ危機と自分探し
 4.定年退職期における「本当の自分」探し─若き日の夢のゆくえと人生をまとめること─
 5.納得できる自分になること
4 学校文化の中での自己形成と評価
 フーテンの寅さんの自己形成
 自己形成を阻む学校文化
 自己形成を育む学校文化とは

座談会 これからの教育評価はいかにあるべきか

あとがき