被服と化粧の社会心理学もくじ

はじめに
被服・化粧における3つの社会・心理的機能(口絵カラー)

第1部 装いの意味と社会・心理的機能

1章 被服心理学の動向
 1.ねずみ“ミッキー・マウス”から人間“ミッキー・マウス”へ
 2.被服による装飾・整容・変身行動
 3.被服心理学の動向(米国と日本)
 4.被服による自己の確認・強化・変容
 5.被服による情報伝達
 6.被服による社会的相互作用の促進・抑制
 7.魅力の心理学における「被服」
2章 化粧心理学の動向
 1.化粧する:魅力的なコミュニケーション
 2.変身と手直しの自分:化粧の意味
 3.化粧への関心と実践行動
 4.化粧は誰のため?:化粧の動機
 5.化粧の効用?自己への効用・対人的効用
 6.魅力の心理学における「化粧」

第2部 被服と化粧による自己の確認・強化・変容

3章 被服による着装感情と自己の変容
 1.自己とは何か
 2.身体的自己と被服
 3.被服と自己概念
 4.被服と感情
4章 化粧による自己と感情の調整
 1.顔は装われる
 2.自己の諸側面と化粧
 3.感情と化粧
 4.今後の研究への期待

第3部 被服と化粧による情報伝達

5章 被服による対人認知と印象管理
 1.被服による対人認知とは
 2.被服による対人認知の諸相
 3.被服による印象管理への動機づけ
 4.被服による印象管理の諸相
6章 化粧における美の伝達と文化
 1.日本における化粧の意味
 2.化粧の根底に流れる顔の美意識
 3.他文化との比較─多様な美意識,化粧観
 4.現代社会における化粧とそのあり方

第4部 被服と化粧による社会的相互作用の促進・抑制

7章 被服と対人行動
 1.対人相互作用の規定因としての被服
 2.被服が対人相互作用に及ぼす影響
 3.集団における被服の機能
 4.被服の文化的意味
8章 化粧と社会的適応
 1.化粧と情動活性
 2.精神臨床場面への応用例
 3.高齢者と化粧:老人保健施設における実践例
 4.他人の眼・自分の眼:顔の装いをめぐって

終章 装い行動に対する社会心理学的アプローチ:研究パラダイムの提案
 1.研究パラダイムの必要性
 2.パラダイムの基本的要素
 3.4つの主要な社会・心理学モデルの適用
 4.装い行動研究への社会・心理学モデルの適用
 5.S─[O]─Rパラダイムの有用性

参考文献・推薦図書(被服・化粧)
索引(人名・事項)
執筆者紹介