保育原理もくじ

監修のことば
はじめに
第1章 乳幼児期の発達特性
 第1節 生涯発達からみた乳幼児期の発達的意味
 第2節 乳幼児期の発達の様子
 第3節 発達と保育
第2章 保育の意味と目的
 第1節 保育とは何か
 第2節 保育の目的・目標
 第3節 子どもの人権と保育
第3章 保育施設の現状と保育
 第1節 保育施設の多様化と発展
 第2節 保育施設における保育・処遇の現状
第4章 保育所の保育内容
 第1節 保育所保育の意義と保育内容
 第2節 保育所保育指針の構成と保育内容
 第3節 0,1,2歳児(3歳児未満)の保育内容
 第4節 3,4,5,6歳児(3歳児以上)の保育内容
第5章 保育の計画と作成
 第1節 計画の意義とその必要性
 第2節 計画の枠組みと内容
 第3節 保育カリキュラムの種類
 第4節 保育計画と指導計画の実践例
第6章 保育実践の考え方と進め方
 第1節 保育者の子ども観,保育観と保育実践
 第2節 子どもの生活と発達
 第3節 子どもを理解すること──個人差,個性,感性
 第4節 保育者の役割──保育援助論
第7章 保育所の施設・設備環境と保育
 第1節 子どもの生活と保育環境
 第2節 保育環境としての保育所の施設・設備
 第3節 保育環境としての地域資源の発掘と活用
 第4節 環境としての保育
第8章 保育実践の記録・評価
 第1節 保育者は何のために保育実践を記録するのか
 第2節 保育実践の中で何をどのように記録するのか
 第3節 保育者は保育実践をどのように評価したらよいか
第9章 保育の諸問題
 第1節 保育環境の病理
 第2節 保育エイジェントの多機能化
 第3節 保育の責任性と基本的視座
 第4節 カリキュラムの点検
索引