発達心理学からの展望 子どもの心の育ち方もくじ

はじめに
第一章 子どもをウオッチングしよう──子どもの発達のとらえ方
 子どもをどう理解すればよいか
 生活する子どもの理解の大切さ
 今日の「子ども学」あれこれ
 子どもの風景 第一景
第二章 子宮内の神秘──胎児の発達
 発達は受胎と同時に始まる
 驚くべき胎児の発達と行動
 危険にさらされている胎児
 妊娠中の諸問題
 子どもの風景 第二景
第三章 愛らしき赤ん坊──新生児・乳児の発達
 新生児の姿
 乳児の発達はめざましい
 乳児のすばらしい能力
 乳児の泣き声と微笑
 母親の語りかけと言葉の発達
 最初の重要性──人間としての発達をするために
 子どもの風景 第三景
第四章 かしこい子どものうらおもて──知的活動と言葉の発達
 知的発達について
 認知能力の発達
 知能を測る
 言葉の発達
 言葉を育てる
 子どもの風景 第四景
第五章 親のあり方が子どもを決める──性格はこうして発達する
 性格の発達をどう考えるのか
 性格を形づくる環境の数々
 乳児期までの達成課題
 幼児期のむずかしさ
 幼児の性格発達の大切な要素
 子どもの風景 第五景
第六章 ひとりでは生きられない──社会性を育む
 人との関わりの中で発達する
 男の子、女の子は生まれつきか──性役割の形成
 良い子、悪い子はどうして──道徳性の形成
 遊びの中で
 子どもの風景 第六景
第七章 現実との接点──家庭、地域、保育園、幼稚園、小学校で
 社会の変化が子どもを変えている
 幼児教育機関で
 小学校で
 子どもの風景 第七景
第八章 すべての子どもを幸福に──個を大切にする教育の重要性
 良い子像は時代とともに変わる
 日本の繁栄のパラドックス
 タイプA人間のこわさ
 一人ひとりが幸福になることの重要性
 子どもの風景 第八景