内容研究 領域 表現もくじ

監修のことば
はじめに
第1章 保育における「表現」の意識
 第1節 発達の理解と援助
 第2節 領域「表現」のねらいと内容
 第3節 保育の日常と表現
第2章 子どもの発達と表現
 第1節 表現の受け入れと読みとり
 第2節 意欲と喜びの交流
 第3節 多様な表現と自己充実
 第4節 生活と文化の創造
第3章 表現を支える環境
 第1節 許容と支援の対人関係
 第2節 動的な環境の構成
 第3節 支持的な風土の育成
第4章 表現を育てる指導──観察と着眼と──
 第1節 音声と動きを中心とした表現
 第2節 音楽を中心とした表現
 第3節 造形を中心とした表現
 第4節 劇・即興遊びを中心とした表現
第5章 法規のなかの表現
 第1節 新しい領域としての表現
 第2節 表現のとらえかた
 第3節 表現の場づくり
第6章 保育実践のなかの表現
 第1節 人間関係を深める
 第2節 ムーブメントとリズムを楽しむ
 第3節 みんなでつくろう
 第4節 感動の伝え合いを
 第5節 ごっこを育てる
 第6節 仲間とのふれ合い
 第7節 育ち合いのグループ活動
第7章 表現資質の研修
 第1節 学生と保育者の研修のあり方
 第2節 音楽を中心とした研修
 第3節 造形を中心とした研修
 第4節 グループ学習と表現体験の充実
索引