生活科はこうすればどうだろうかもくじ

まえがき
序章 生活科がめざすもの─四つの問題提起─
[基礎編]
1章 「豊かな学習力」と生活科─本校の取り組みと課題
 1.研究の歩みを,どう継続・発展させるか
 2.新しい教育の動向にどう対応するか
 3.子どもたちの発達特性や期待にどうこたえていくか
 4.教師の構えはどうあればよいか
2章 「豊かな学習力」のとらえ方─問いつづける力を
 1.「豊かな学習力」とはなにか
 2.そのめざす子ども像
 3.どう授業に生かすか
3章 生活科のとらえ方─自立への基礎をめざして
 1.生活科設定にあたって
 2.生活科のめざすもの
 3.具体的な活動内容
4章 生活科の構想─「豊かな学習力」を育てるために
 1.研究の方法
 2.生活科の指導のあり方
 3.評価のあり方
[実践編]
5章 年間指導計画─作成のポイントと実例
 1.単元構成の手順
 2.生活科全体構成図
 3.活動単元の指導計画
6章 第1学年実践単元─三つの実践例をみる
 1.「どろんこすなんこ」
 2.「あきとあそぼう」
 3.「ふゆとあそぼう」
7章 第2学年実践単元─二つの実践例をみる
 1.「ぼく・わたしの水ぞくかん」
 2.「伝えよう」
8章 生活科を指向した中学年・高学年・全校活動の実践単元
 1.生活科の展開
 2.中学年の実践単元─「はつらつ活動」
 3.高学年の実践単元─「さわやか活動」
 4.全校活動の実践単元─「広げようみんなのわ」
 5.おわりに
[資料編]
9章 基本的生活習慣の定着を図るための家庭との連携
 1.親の意識調査
 2.学年PTCA活動(親と教師と子どもとの教育活動)の計画
  実践例 第1学年の実践活動
10章 生活科研究実践校の紹介(文部省指定生活科研究推進校と主な研究内容)
11章 生活科に関する図書の紹介
あとがき
編者・執筆者一覧