道徳教育はこうすればおもしろいもくじ

[理論編]
1章 現代の道徳教育とコールバーグ理論
 T コールバーグ理論による道徳教育
 U 現代の道徳教育との関係
2章 道徳性の発達に関するコールバーグ理論
 T 道徳性をどう考えるか
 U 道徳性の認知発達理論
 V 道徳教育への示唆
 W コールバーグ理論に基づく道徳教育の実証的研究
 X 道徳判断と行為,感情との関連
3章 授業モデルと教師の発問
 T モラル・ディスカッションに望まれる条件
 U 授業過程モデル
 V 「1主題2時間の授業過程」の意義
 W ディスカッション過程の発問
4章 モラルジレンマ物語の作成と方法
 T 学級の実態の重視
 U モラルジレンマ資料のできるまで
 V モラルジレンマ資料の備えるべき要件
5章 道徳性の測定の方法
 T 道徳性発達検査
 U 公平性発達検査
 V 役割取得検査
6章 授業分析の方法
 T 相互作用過程分析
 U S-T授業分析
[実践編]
7章 小学校低学年における実践
 T 「まほうつかいのプレゼント」(第1学年)
 U 「まほうつかいのめがね」(第1学年)
 V 「だれのをさきにしようかな」(第2学年)
8章 小学校中学年における実践
 T 「だれのラジコン」(第3学年)
 U 「ぜったいひみつ」(第4学年)
9章 小学校高学年における実践
 T 「けい子のまよい」(第5学年)
 U 「サッカー大会」(第6学年)
10章 「どっちにしようか」に基づく小学校全学年での実践
 T 小学校1年生の実践
 U 小学校2年生の実践
 V 小学校3年生の実践
 W 小学校4年生の実践
 X 小学校5年生の実践
 Y 小学校6年生の実践
 Z 実践のまとめ
11章 中学校における実践
 T 中学校の実践で留意すべき点
 U 実践事例
 V おわりに
[資料編]
12章 モラルジレンマ資料集
モラルジレンマ物語の概要
 1 まほうつかいのプレゼント
 2 まほうつかいのめがね
 3 だれのをさきにしようかな
 4 だれのラジコン
 5 どっちにしようか
 6 もっとやろうよ
 7 ぜったいひみつ
 8 ロンとわかれたくない!
 9 どうする 班長
 10 A.われた花びん
   B.けい子のまよい
 11 みち子の人形
 12 シンボルをつくろう!
 13 マラソン大会
 14 お楽しみ会
 15 サッカー大会
 16 尊厳死
 17 これでよかったか(この子のために)
 18 最後のチケット
13章 われわれの研究の歩み(文献・研究会活動一覧)
事項索引・人名索引
編著者紹介
(別冊)学習指導要領 道徳