現代教育臨床心理学要説もくじ

はしがき
第1章 教育臨床心理学の誕生
 第1節 臨床心理学
 第2節 生徒指導と臨床心理学
 第3節 教育臨床心理学
第2章 教育臨床心理学の対象
 第1節 発達段階と教育臨床心理学の対象
 第2節 分野別教育臨床心理学の対象
第3章 子どもの発達と問題行動
 第1節 各発達期の特徴と問題行動
 第2節 問題行動とその予後
第4章 子どもの理解・診断
 第1節 子どもの症状とその意味
 第2節 診断のための観察・検査・面接
 第3節 診断過程の枠組み
 第4節 診断と治療的理解
第5章 子どもの指導と治療
 第1節 助言指導
 第2節 カウンセリング
 第3節 遊戯療法
 第4節 行動療法
 第5節 絵画療法
 第6節 音楽療法
第6章 子どもの集団的指導
 第1節 ロール・プレイング
 第2節 ニュー・カウンセリング
 第3節 エンカウンター・グループ
第7章 親・家庭へのアプローチ
 第1節 親への援助と指導のあり方
 第2節 訪問面接・呼び出し面接
 第3節 親子合同面接
第8章 学校における指導・臨床的援助の特質
 第1節 学校カウンセリングの特質と限界
 第2節 学校のもつ特性と臨床的援助のあり方
 第3節 学校の管理・生徒指導と学校カウンセリング
 第4節 保健室との連携
第9章 教師にとっての教育臨床心理学
 第1節 教師に期待される臨床心理学的視点
 第2節 教師による相談活動
 第3節 相談者としての教師の二面性
 第4節 教師の精神衛生
第10章 学校教育相談関連の社会的資源の利用
 第1節 社会的資源利用の意義
 第2節 主な社会的資源(教育相談関連機関)の特徴と機能
事項索引
人名索引