※ご注文方法

 

シリーズ21世紀の社会心理学13 
 自己と対人関係の社会心理学
  「わたし」を巡るこころと行動

 高木 修 監修 安藤清志 編集
  B5判 168頁 定価 本体2800円+税
 ISBN978-4-7628-2692-4 C3311

自己の社会心理学的研究は,対人関係や集団,文化の問題を考える重要な切り口としての役割がある。本書では,「わたしの成り立ち」「わたしと対人関係」「軋むわたし」という3つの区分を設定し,自己を成り立たせている過程や,人との関わりのなかでの自己の役割,安定的な自己に「軋み」を生じさせる事象を検討する。

 

戻る