※ご注文方法

 

 
 狭山事件 虚偽自白[新版]
  

 浜田寿美男 著
  四六判 370頁 定価 本体2400円+税
 ISBN978-4-7628-2684-9 C0030

供述分析という新たなフィールドを独力で切り開いてきた著者の初期論考。半世紀近く前の事件発生当初から冤罪が疑われ,いまなお再審請求が続く狭山事件で,有罪の重要な根拠とされた容疑者の自白はいかに形成されたのか? 自白の変遷過程を緻密に追いながら,そこに「無知の暴露」を見いだす供述分析の具体的実践例。

 

戻る