※ご注文方法

 

 
 からだに関わる日本語とその手話表現
 第1巻

 脇中起余子 著
  A5判 384頁 定価 本体2300円+税
 ISBN978-4-7628-2623-8 C0037

「顔が広い」「舌をまく」「手が早い」「肩を持つ」。聴覚障害児にとって理解・獲得が難しいと言われるからだの各部位の名称を用いた日本語の例を,慣用句を中心に第1巻と第2巻で1800収録,手話でどう表現すればよいのかを考える。第1巻は「頭をひねる」「耳を貸す」「目がない」など首から上の部位を扱う。

 

戻る